EMとは

EMとは有用微生物群(Effective Microorganisms)の頭文字から作られた造語です。
発祥…EMは琉球大学の比嘉照夫教授によって化学肥料に代わる土壌改良剤として発見され、 開発されました。
発展…農業用として開発されましたが、現在ではさまざまな分野で活用されています。
EM研究機構HPへ EMについての詳細は、EM研究機構のHPをご覧下さい  身近なところでは、抗酸化力が強い(物が腐るのを防ぐ)ので資材の劣化防止剤としての応用、 健康飲料や自然食品へ応用されています。また、汚染物質を分解(蘇生)する力があるので 環境問題の解決に役立っています。
現在、世界100ヶ国以上のあらゆる分野において活用されています。


EMとの出会い

 EM(有用微生物群)との出会いは私達にとって衝撃的でした。
 健康のために、飲み水や食べ物に気を遣い健康グッズが流行する現在、住宅についても あらゆる分野で健康志向が模索されています。
 しかし、真の意味での健康を手に入れることは難しい時代になっています。例えば、建築資材に含まれる化学物質によって引き起こされる化学物質過敏症をはじめとする、シックハウス症問題、高気密の弊害など数え上げればきりがないほどの問題を抱えています。 そのような問題を取り除きたい、これが私たちの取り組みです。
 このような時S先生と出会い、「環境を考えることが健康への近道である」とEMを通して教えられました。

EM建築を目指す

 全社員、および協力業者が一丸となりEM勉強会を行い、「環境が改善され、それが健康につながるなら、私達が目指している住宅作りがここにあると」確信しました。
 全ての微生物(菌)を排除する抗菌ではなく、有用な微生物、EM善玉菌を積極的に活用し、自然治癒力や免疫力を高め、悪い微生物(悪玉菌)と戦う力をつけます。そのためには化学物質を使用した建材を出来る限り使用せず、シックハウス症候群を起こさせません。
 自然の素材を取り入れ、EMパワーを活かす建築を目指します。


シックハウスにご用心 〜いま新築住宅で起こっていること〜

          
EM健康住宅TOPへ

EM健康住宅

 健康な住宅作りは天然素材を多く使用します。 しかし、現在では昔ながらの天然素材の入手が困難であると同時に、高額かつ限りがあります。 そこでEMパワーを活用します。

EMに含まれている代表的な善玉菌
光合成細菌有害物質を浄化し、抗酸化化合物を生成する。
酵母ビタミンや生理活性物質を作り出し、植物や他の有用微生物を活性化する。
乳酸菌有機物の腐敗を防ぎ、発酵を進め有効な養分にする。
放線菌抗生物質を生成し、カビや病原菌を抑制する。
糸状菌発酵系の菌で、有機物の有用発酵を導く働きをする。


 EM資材の種類期待できる効果
土壌EMX、EM活性液防虫
コンクリートEMX、EM活性液
EMスーパーセラ発酵C
鉄筋の酸化防止
コンクリートの強度増加
構造材EMX塗布酸化防止、防蟻
塗装EMX、EMセラミックス粉末シンナー・キシレン等の悪臭防止
クロスEMX、EMスーパーセラ発酵Cカビ・ダニ・悪臭防止

ほんの一例ではありますが、EMパワーを活かしたAクリニックの建築例をご案内します。 →EM建築例

EM健康住宅TOPへ